肩凝りも酷くなると心まで凝ってしまいます。施術前には硬く険しい表情の患者さんも1時間後には柔らかくやさしい表情に変化され心もほどけています。その表情を見る度にとても嬉しい気持ちになるのです。縁有って来院される患者さんは私にとって、とても大切な方々です、これまでも、これからも感覚を磨きながら心を込めて施術させていただきます。私の施術は技術を超えた感覚の世界です。
私は以前酷い腰痛になり、100mの距離を、しゃがんで休みながらでないと歩けない状態でした。腰痛と言っても腰が痛かったのは少しの間で、長期に痛みが続いたのは右の臀部からかかとまでの裏側で、酷い時には足の感覚も鈍り、力も入らなくなるほどでした。とても辛い日々でしたが、この腰痛を克服する事が出来、そしてその経験から自分の職業として治療家を選ぶ事が出来ました。ピンチはチャンスと言うのは本当ですね、そして自分も痛みを知っているからこそ患者さんの辛さもよく理解できます。今後も一人でも多くの人の役に立てればと思います。
開院間もない頃の話です。私の噂を聞きつけて来院された当時60代の女性一日中の立ち仕事で膝が痛く病院で軟骨が磨り減って年のせいなので治らないと先生に言われたらしい。歩くのも勿論正座も困難で変形も有りかなりのO脚でした。一通りの施術の後ケアの方法をお伝えして終了。その後その方の紹介で沢山の患者さんが来院されるようになりました。話を聞くと施術後二日ほどは少し痛みが残ったものの三日目から嘘のように痛みが無くなり驚きと嬉しさのあまり宣伝して下さっているようでした。その方に対する施術は痛みのために硬直した筋肉を緩め関節の稼動をスムーズにし稼動域を広げただけです。重要なのはそれを無痛で行うこと、痛みを伴う施術では悪化する場合もあります。後日偶然にお会いしたのですが満面の笑顔で「あれから足も伸びて正座も出来るようになりました」と喜んでおられました。毎日のケアもされているようでした。半月板は条件を整えることで再生します。科学的にも解ってきているようです。